人材不足を解消!法人向け製造業の人材紹介サービスガイド » 人材紹介会社の選び方

人材紹介会社の選び方

ここでは人材紹介会社が信頼できるかどうか判断するための選び方ポイントについて解説しています。

人材紹介会社の選びのチェックポイント

人材紹介会社はどこでも同じではなくそれぞれ特徴や強みが異なります。企業が効率よく非正規雇用のスタッフを活用するためには、以下のような点に注意して選ぶようにしてください。

研修が充実している

人材紹介会社に登録しているスタッフは年齢や経験によりスキルや仕事経験が異なります。料金が安いからといって安易に依頼すると何も分からない新人やビジネスマナーを持たないスタッフが派遣されかえってコストがかかることもあります。

こうした問題を避けるために人材紹介会社では教育制度を設けているところがあります。特に20代~30代前半くらいまでの若手スタッフが多い会社は研修を徹底してレベルアップを行っています。

研修や教育は企業側にとってコストと時間がかかる部分ですので、人材紹介会社の教育制度が充実していることは、どこの会社にするか選ぶ際の重要な判断材料になるはずです。

人材紹介会社の中には仕事のスキルデータの登録のみで人間性やマナーまでは管理していないケースも考えられるので教育体制の確認は要チェックです。

社員を採用している

人材紹介会社にもいくつかの契約形態があり派遣スタッフを非正規雇用で揃えている場合と、人材紹介会社の正社員として雇って派遣している場合があります。

非正規雇用のスタッフを派遣する理由は正社員を雇用するよりコストがかからないからですが、このようなケースでは人材紹介会社を利用する会社側から考えると契約満了に伴いスタッフの都合で延長契約ができないリスクがあります。

最初から期間の短い派遣サポートを希望する場合は別ですが、依頼する会社側として長期間働いてもらいたいと希望する場合は正社員派遣を行っている人材紹介会社を選ぶ方が安全です。

派遣スタッフ側としても人材紹介会社に正社員として腰を落ち着けて仕事をしようと考えている人が多いのでアルバイト感覚ですぐに辞めてしまうことがなく優秀な人材が集まりやすいということもあります。

フォロー体制が整っている

人材紹介会社のフォロー体制は2つの面が考えられます。まずは人材派遣会社から雇う会社側に契約後も状況を確認するなどアフターフォローしてくれるかどうかという点。もう1点は登録している派遣スタッフへのフォロー体制です。

この派遣スタッフに対するフォロー体制は紹介される会社側としても意外と重要です。派遣スタッフは初めての職場で仕事をするので不安になることも少なくありません。そうした場合に人材紹介会社として相談に応じる体制があるかどうかがポイントです。

フォロー体制が整っていない人材紹介会社のスタッフは不安がやがて不満に変わり、辞めてしまうこともあるからです。

もちろん人材紹介会社はそれをカバーするために次の人材確保に動きますが突然スタッフがいなくなればスタッフを受け入れている会社としても影響は大きくなります。

対応可能な種類で選ぶ

人材紹介会社の中には事務系に強い、医療系スタッフが充実しているなど得意とする分野があり対応できる範囲が異なります。得意とする業種と異なる依頼をするとミスマッチが起こりやすくなるので注意が必要です。

また一くくりに製造業を請け負えると言っても、専門性が高かったりテクニカルな部分は対応範囲外だったりする場合もあります。希望を伝えれば何でも対応してくれるとは考えずにどういった仕事や作業まで可能なのかを必ず確認しましょう。

人材紹介会社を利用する側としては、何となく人手が足りなくなったから人数だけ揃えればよいというのではなく、どの部署にどういった能力のある人をどの程度当てるかを明確にすることが重要です。

その上で人材紹介会社が対応できるスタッフの種類を把握して依頼するかどうか決めれば失敗することはありません。

人材補強に失敗しない!ニーズ別製造業専門の人材派遣業者 3選