人材不足を解消!法人向け製造業の人材紹介サービスガイド » 製造業の現状と課題を知る » 「労務費」削減のアイデア

「労務費」削減のアイデア

ここでは製造業の労務費(人件費)削減についての具体的方法について解説しています。

製造業における労務費とは何か

製造業にとって利益を上げるためには売上アップの他にコスト削減が重要課題になります。コストには仕入れに該当する材料費、光熱費などの経費、そして一般的には人件費と言われる労務費があります。

材料費は企業努力によって下げることは可能ですが大幅に変動する性質はなく固定費として計上されます。労務費は人が関わるので難しい部分はありますが、リストラ以外にもやり方を工夫することによって大幅に削減することができます。

「労務費」削減のための具体的方法

労務費の削減は人件費をいかに下げるかに掛かっています。それには以下に紹介するような様々方法が考えられます。

仕事の効率化

仕事が忙しく残業が多くなると社員は疲れやストレスが蓄積していき、会社にとっても人件費アップになり良いことはありません。そこで大量に仕事があるので仕方がないと考えるのではなく、仕事内容を見直すことが重要です。

仕事量が多いのは無駄が多いからとも考えられます。もちろん社員のスキルや経験が必要な業務もありますが、単純化できることはマニュアルを作成してパートやアルバイトに任せることで人件費を削減することが可能です。

生産性を上げる

仕事の効率化とも関連する部分ですが、無駄を省くのと同時に社員の意識に働きかけるということも大切です。表彰制度や成果主義などを導入することでモチベーションを上げ、その結果として生産性アップにつなげるというものです。

人件費削減のためにリストラばかり繰り返すと社員のモチベーションが下がり逆効果になることがあります。社員にやる気を出してもらい、生産性を上げるということは時間あたりの人件費を下げることになります。

AIやロボット技術の活用

近年のテクノロジーの進歩は目覚ましいものがあり、特にAIやロボット技術の向上によりこれまで人間でしかできないと考えられていたものも、そうした技術を活用することで代用が可能になってきています。

AIやロボットは社員のリストラにつながるのではないかという懸念もありますが、むしろ機械にできることは任せてしまうことで人はより高度な仕事に集中できます。その結果、無駄な労働時間が減り労務費の削減になるのです。

幅広い人材の活用

国の政策として外国人労働者を積極的に活用しようという動きがあります。外国人研修制度を利用すれば人件費を削減することができますし、外国人採用により交付される助成金もあります。

またすべてを外部の労働力で賄うことは難しいですが、業務の内容によっては必要な期間だけ派遣会社から人材を提供してもらえば効率アップと人件費削減にもつながります。活用の仕方を工夫するだけで無駄な費用を削ぎ落とすことが可能なのです。

まとめ

労務費の削減は単純にリストラをして見かけ上の人件費をカットするだけでは成功しません。重要なことはいかに仕事を効率化して生産性を上げるかということで、そのために会社にとって必要なことは何であるかを検討します。

会社側から一方的に決まったことを実行するのではなく、社員から利益向上のためのアイデアを募るなど、コミュニケーションを活発にしてモチベーションアップにつなげることで会社も社員も両方が幸せになる道が開けます。

人材補強に失敗しない!ニーズ別製造業専門の人材派遣業者 3選