人材不足を解消!法人向け製造業の人材紹介サービスガイド » 製造業の現状と課題を知る » 「人手不足」解消のアイデア

「人手不足」解消のアイデア

ここでは工場など製造業が抱える人手不足の課題を解消する方法について解説しています。

深刻化している製造業分野の人手不足

人材不足イメージ

人手不足は会社倒産の大きなリスク

帝国データバンクによる2018年10月調査において、全国の企業のおよそ52.5%が正社員が不足していると回答し、さらに人手不足を原因とする企業の倒産件数が2013年の調査開始以降で最多になったという結果が公表されました。つまり、致命的な人手不足は日本全国で増加しているということです。[※1]

実際、製造業分野においても高い技術力を持ったベテラン技術者の定年退職や、従業員の転職、製造業へ就職する若者の減少などにより、深刻な人手不足はますます進行しています。また、製造業の長年の人手不足は企業の生産力や経営を不安定にするだけでなく、日本のものづくり産業を弱体化させ、さらなる人材流出を招くという悪循環も招いてしまいました。

複雑に絡み合う人手不足の原因

製造業の人手不足には、単純な人口減少だけでなく、都市部への労働人口の集中化や、また製造業分野に対する若者のイメージなど、様々な要因が挙げられます。 そのため、製造業の人手不足を解消して自社の企業力を向上させようとすれば、それぞれの原因を把握し、適切な対策を早急に実践していくことが重要です。

労働不足解消の前に立ちはだかる課題

大規模リストラと少子化による労働人口の減少

バブル崩壊後の不景気によって全国で大規模のリストラが行われ、それまで日本のものづくり産業を支えてきた貴重な人材が別の業界や分野へと大量に流出してしまいました。また、長期的な少子高齢化によって若者の数がどんどんと減少し、そもそも日本全体の労働人口も減少を続けています。[※2]

製造分野に対するイメージとモチベーション低下

リストラによって企業と労働者との間にあった信頼関係が崩壊し、特に若者は会社や仕事に対してシビアな見方をするようになりました。また、日本の市場を縁の下で支える製造業が表舞台で取り上げられる機会も少なくなり、製造業こそが日本経済を支えてきたというプライドも薄れていったことは事実としてあるでしょう。

そしてそれにより、若者や多くの現役世代の間で、「汚い・きつい・危険」といった製造業に対する「3K」イメージや、地味・低賃金といった印象ばかりが広がり、改めて製造業へ就職を希望する人が減少しました。

またその一方で、世界一といわれた日本のものづくりに産業に対するイメージから、エンジニアには高度な技術が求められ、最初から専門的に学んだ人間でなければチャレンジすることさえできないと考えている人も少なくありません。

価格競争による企業力の減退

安価な海外製品が大量に日本へ広まり、日本のメーカーが価格競争に巻き込まれたことも原因の1つです。

これにより企業収益が低下し、結果的に多くの企業で労働者の給与減や賞与カットといった、まさしく「3K」で低賃金というイメージを悪化する現象が引き起こされました。 また、企業力が弱体化すると、当然ながら好待遇な求人を行うことも難しくなり、人材を募集してもなかなか求職者が集まってこないようになるでしょう。

具体的なイメージアップ戦略と幅広い人材育成

マイナスイメージの刷新と企業の意識改革

日本国内の人口減少をすぐに改善できないとすれば、製造業の人手不足を解消する上で企業が絶対的に行うべきは、固定化したマイナスイメージを払拭することです。

清潔な労働環境、充実した福利厚生、徹底した安全管理など、すでに取り組んでいる企業であっても、それを対外的にアピールして広く伝えていく努力が重要です。

また、労働者の権利の見直しや働き方改革への意識が高まっている現代では、経営者や管理職、現場で若手の指導に当たるベテランなども旧時代的な考えを捨てて、改めて令和時代の製造業として意識改革を行っていかなければなりません。

人材の価値をさらに高める

人口そのものが減少している以上、今いる人材の価値を認めて、さらに定年後も意欲的なシルバー世代を活用したり、新しい人材を積極的に育成していくことが不可欠です。

社員の意欲を評価してモチベーションを向上させられる環境の整備や、未経験者や新人であってもしっかりと教育して着実に成長させられる制度の充実などは、企業イメージをアップさせるだけでなく、企業力そのものを回復させます。

また、社員にやる気が生まれて現場が活気づくことで、新しいアイデアや技術が生まれる可能性も高まるでしょう。

業務をサポートする工夫と多彩な人材活用

人工知能(AI)やロボット技術が大幅に進化して業務をサポートすることが可能になった現代では、女性や高齢者といったそれまで製造業では不向きとされていた人でも、現場の環境と工夫次第で充分に労働力として力を発揮できます。

さらに日本での成功を夢見て意欲に燃える外国人労働者も増加しており、必要な設備投資を行いながら、現代的かつグローバルな視点で人材発掘を進めていくことも大切です。

参考資料

※1:株式会社帝国データバンク,「特別企画:「人手不足倒産」の動向調査(2013~18年)|2018年の人手不足倒産、前年比44.3%増」[pdf]https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p190106.pdf(2019年8月21日参照)

※2:総務省統計局公式サイト,「人口推計(平成31年(2019年)3月確定値,令和元年(2019年)8月概算値)(2019年8月20日公表)」[online]http://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.html(2019年8月21日参照)

人材補強に失敗しない!ニーズ別製造業専門の人材派遣業者 3選