人材不足を解消!法人向け製造業の人材紹介サービスガイド » 派遣スタッフの離職率改善方法 » 派遣スタッフと派遣先の関係構築 » 就業中

就業中

具体的な仕事内容を周知することで就業中のトラブルは激減

就業中にありがちなトラブルのなかで、派遣先企業にとっていちばん大きな問題は「仕事内容」に関するものです。

労働者派遣における「政令28業務」では、事務用機器操作業務が全体の約4割、次いで財務関係業務、貿易関係業務、ファイリング業務の順で、これらの業務だけでも全体の2/3を占めているほどです。

そのなかでも全体の約4割を占める事務用機器操作の業務は、電子計算機、タイプライター、テレックス又はこれらに準ずる事務用機器の操作の業務に限定され「本業務は、ソフトウェア操作に関する専門的知識、技術を活用して入力、集計、グラフ化等の作業を一体として行なう業務で、迅速、的確な操作に習熟を要するものに限られるため、単に文字や数字をパソコンに入力する作業は該当しません」とあります。

ここで、本業務に該当するパソコン作業とは、例えば以下のような作業です。

当然のことながら、コンピュータを活用したものであっても製造工程や梱包などにおける機械の操作は、事務用機器操作には当たらず、本業務に該当しません。また、操作に習熟を必要としないファクシミリ、複写機、シュレッダーなども対象外なのです。

たった1枚のコピーやファックス、そうとは知らずに気軽に依頼してしまうことはないでしょうか。忙しいから仕方ない、などの理由で、こうしたトラブルの発生頻度は多いようですが、契約範囲外のことをさせることは、契約違反であり、派遣契約内容以外のことを依頼することはできません。

事例

契約にない業務を派遣社員に指示し、契約違反をしてしまう。

対策方法

もしも、派遣契約内容以外の業務を追加する必要が生じた場合、派遣社員へ直接指示するのではなく、派遣元会社の担当へ連絡し、本人の合意のもと契約内容の変更手続きを行なわなければなりません。

人材補強に失敗しない!ニーズ別製造業専門の人材派遣業者 3選