人材不足を解消!法人向け製造業の人材紹介サービスガイド » 製造業人材紹介サービスの種類 » 作業別 » 梱包

梱包

ここでは人材派遣での仕事にある梱包作業について、どの産業に多いのかなどその特徴や作業内容を紹介しています。

梱包とはどのような作業?

梱包とは流れ作業の中で商品や製品を段ボールや袋に入れていくことで、あらゆる業界で見られます。最近ではネットショッピングの普及により需要が高まっており、倉庫や工場などで行われることが多い仕事です。

それほど高い技術は必要とされませんがデパートなどの流通業では贈り物用に丁寧に梱包しなければならないものもあります。製造業では商品をトラックなどで輸送する際に、傷がついたり壊れるのを保護する目的で行われます。

具体的な仕事内容

梱包や包装といった作業は単体ではなく、仕分け・検品・梱包という流れの中で行われることが多くなっています。検品された商品が正しく仕分けされ梱包されることが重要になりますので付随して検品や仕分けの作業を行うこともあります。

梱包作業はダンボールなどの箱を組み立てることから始まり、商品を緩衝材やビニールなどで包んで箱に入れて閉じるといったことが繰り返されます。箱ではなく包装紙で包んだり袋に入れて完了することもあります。

実際に梱包の仕事として募集されている内容を例として紹介します。「蛍光灯のかんたん梱包作業」となっていますが、ダンボールに入れる前に蛍光灯に傷がないかをチェックして通電するかチェックする作業も含まれます。

またピッキング作業として募集されている仕事にはほとんどの場合、梱包作業が含まれています。リストを見ながら商品をピックアップした後に箱にまとめて梱包まで行うという一連の流れに組み込まれています。

その他、自動車運転免許が必要な場合は、梱包から配送までがセットになっているケースもあります。例えば大型家具を傷がつかないように養生して梱包した後にトラックに詰め込み納品まで行うということもあります。

以上のように梱包という仕事は作業自体は単純でも扱う品目が多岐にわたり範囲が曖昧になりがちです。応募する側と募集する会社側で仕事内容のイメージに食い違いが起きないように双方で注意することが必要になります。

人材補強に失敗しない!ニーズ別製造業専門の人材派遣業者 3選