人材不足を解消!法人向け製造業の人材紹介サービスガイド » 製造業人材紹介サービスの種類 » 作業別 » 塗装

塗装

ここでは人材派遣での仕事にある塗装作業について、どの産業に多いのかなどその特徴や作業内容を紹介しています。

塗装とはどのような作業?

塗装とは塗料を使ってモノの表面に色を付けたり、風雨から保護したり錆止めなどの目的でコーティングを行う作業のことです。主に建築塗装、金属・木材の塗装、車塗装の3種類に分かれますが専門性が高い仕事と言えます。

したがって建設業や住宅メーカー、家具・機械部品メーカーなどの製造業、自動車産業などに多く需要が見込まれます。近年では都市部での開発が盛んに行われているため建築業界での塗装に携わる人材が多く求められています。

具体的な仕事内容

塗装の仕事は対象物によって塗装方法を使い分けします。ハケやローラーで塗ったり自動車の車体などは吹き付け塗装を行ったり、電着塗装塗料を使用してコーティングするような塗装方法もあります。

事前に依頼主と相談しながら塗料や塗装方法、段取りなどを決めていきますのでかなりの経験と技術が必要になります。派遣で行う塗装の仕事は経験・スキルによって違いますが塗装補助を行うケースも多くあります。

塗装の作業は塗る対象によって細かくは異なりますが、大きくは塗装面の凹凸を整えたりマスキングをするなどの下地工程、実際に塗っていく塗装工程、塗装後に表面を磨いたり艶を出すなど磨き工程という順番で進められていきます。

実際に塗装の仕事として募集されている仕事内容としては、工業用ミシンの塗装、大手航空機製造メーカーで機械加工や塗装、自動車の樹脂部品の製造メーカーでバリ取りや塗装補助、成形製品(樹脂・金属)の表面塗装の補助などがあります。

メインとなる塗装作業は経験者優遇が多いですが、塗装補助として募集している場合は未経験歓迎となっています。例えば住宅用の外壁パネルを塗装する工程で塗装マシンを動かしたり塗料をマシンに投入するといった作業になります。

製造業においては工場で機械を使った塗装作業を行うことも想定されるので、塗装技術の他に機械操作に慣れている人が求められます。募集する側としてもどのスキルに重点を置くかを明確にすることが大切です。

人材補強に失敗しない!ニーズ別製造業専門の人材派遣業者 3選